制帽・通学帽専門ショップ
[uniform-cap.com]
menu
products
■ 通学帽・ベレー

■ 学生帽(角帽)

■ 官帽・制帽

■ 帽章・付属品
   (金モール)

■ 別注のご案内

knowledge
■ 帽子の用語

■ サイズとお手入れ

shop infomation
■ ご注文の前に
  
(お買物方法案内)

■ オーダーフォーム
  (ご注文はコチラ)

■ 特定商取引法表示
   お問合せ先


■ 会社業務案内
   (別ページ)

制帽・帽章の販売
サイズについて
▼帽子のサイズ
帽子のサイズとは、ビン皮部分の内周です。
帽子を購入する際には、頭のサイズに1cm(人差し指が入るくらい)大きめを選ぶとよいと言われています。
 
▼頭のサイズの測り方 ▼サイズ計測器でのサイズ計測
前頭部から後頭部へ平らにぐるりと1周を柔らかいメジャーなどで採寸します。

既にお持ちの帽子サイズを確認する方法もありますが、同じサイズ表記でも生産国やメーカーにより大きさが異なることがあります。

本来は試着して選ぶのが最も良い方法ですが、通販では申し訳ございませんが試着が出来ないデメリットがあります。そのためサイズを計測の上でのオーダーをお願いしております。
 
▼帽子のサイズが小さい場合
大きくすることは不可能です。
一般帽子の場合であれば、ビン皮部分を引っ張り広げて数日置いておくことで、生地を伸ばすことも不可能ではありません。(生地にストレスがかかりますので、お勧めはしません。)
しかし、制帽などは腰に腰芯(ポリ芯)が入っていて、ほぼ伸びません。

ユニフォームキャップではサイズが合わなかった場合、商品到着後1週間以内に申告いただければ交換対応いたします。ただし往復送料はお客様負担となります。また別注品は対応いたしかねますのでご注意ください。

 
▼帽子のサイズが大きい場合
ビン皮の裏に詰め物をすることである程度対応できます。
詰め物は厚紙やスポンジ状のものが使われます。
 

お手入れ
▼日常のお手入れ方法
基本的に制帽類は通気性が良くないので、日常のお手入れをされることをお勧めします。
一部メッシュ生地にしたり、肌に接する部分のビン皮・腰芯に通気性のある穴開きの材料を使用するなど工夫されているものも多くあります。

1.ビン皮についた汗・汚れを日常的にタオルなどで拭く。
  (固く絞った)布巾で叩くように拭く程度が良いと思います。
2.たまに通気の良い日陰で干して乾燥させる。
  ※日なた干しは退色、吊るし干しは型崩れの原因となることがあります。

【雨などで濡れた時】
帽子に水は大敵です。退色・型崩れなどの原因となります。
水を拭き取り、形を整え日陰で干してください。ドライヤーはお勧め致しません。
出来ればビニールカバーなどを使用して、出来るだけ雨を防ぐのが最もよい方法です。

 
▼洗濯について
制帽類は原則洗濯できません。(子供用のものは洗濯できるものも多くあります。)

制帽類は芯や金属が使われており、洗濯は生地傷み・退色・型崩れ・金属部分の錆・縁の収縮などの原因となります。汗や汚れがひどい場合は、新しいものと取替えをお勧めします。

 


Copyright(C) 2004 ESASHI CORPORATION. All Rights Reserved.